安置の仕方と品物選び|香典返しや新築祝いの情報をまとめたサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

一律同額のもの

香典返しに贈るアイテムを選ぶとき、香典額によって金額は変えるべきかと考える人もいるかもしれません。しかし、これは全員一律同額とされているので、しっかり覚えておきましょう。

昔と現在の違い

昔と比べて、新築祝いをする人は減少傾向にあるといわれています。これには個人情報管理の徹底、プライバシーの保護などが背景にあります。しかし、いざ贈る立場になったときに焦らないよう、マナーを抑えておくことは大切です。

仏壇の選び方

仏壇の選び方と香典返しの仕方

香典返しは、どこの宗教でも、忌明け後に返しましょう。香典返しは、半返しが一般的です。場合によっては挨拶状だけでもかまいません。本当は、香典返しを先方に出向い渡すべきですが、今は、香典返しをギフトショップで購入し、発送しているのが一般的です。仏壇は、四十九日までに用意しましょう。四十九日が過ぎると、仏壇にお位牌を安置します。四十九日までに仏壇を購入した場合は、四十九日が過ぎるまで、仏壇の扉は閉めておきましょう。仏壇は、価格や大きさ、家にあったサイズを購入しましょう。仏壇の大きさ、細工、使っている材料で価格が違います。その点も踏まえて仏壇選びをしましょう。仏壇は、亡くなられた方やご先祖のお位牌を安置するします。それを考えて購入しましょう。

安置の仕方と品物選び

仏壇の安置する方角は、宗教によって違います。なので、南向き、東向きなど、さまざまです。仏壇を購入した時に詳しい方に相談するといいでしょう。購入する時には香炉、花立て、鈴、高台、線香立て、茶湯器などの仏具が飾られます。仏具屋でお店の方と相談しながら購入しましょう。香典返しの品物は実用性があるものがいいでしょう。タオル、シーツ、海苔、お茶、和菓子、砂糖などがいいでしょう。香典返しには、挨拶状をつけましょう。今では、ギフトショップで香典返しを購入すると挨拶状も作成していただけるので、ギフトショップで香典返しを購入するといいでしょう。香典返しに何を送るか悩む方は、お店の方に相談するとアドバイスしていただけるので、相談しましょう。

カタログがおすすめ

何を贈ればいいのか分からないと悩む人が多い、香典返し。最近は、カタログギフトを利用する人が増えてきています。これを贈れば、そのなかから本人がほしいと思ったものを選んでもらうことができるのです。

Copyright (c) 2015 安置の仕方と品物選び|香典返しや新築祝いの情報をまとめたサイト all reserved.